福袋 得

福袋のねらい

みなさんは福袋は好きですか?得をするものや損をするものなど様々な福袋ですが、どういった目的で販売されているのでしょうか。

 

福袋は基本的には店側の在庫処分が目的で、たまに感謝サービスです。福袋は購入者側からは何が入っているかわからないドキドキ感を味わえるので購入することが多いはずです。

 

好きなブランドやお店なら何が出てもいいという信頼感から購入するでしょうが、しかしながら年末年始に一斉に売りかかる福袋は在庫処分でしかありません。

 

商品券など当たりの入った福袋はとても少なく、購入者が代金に見合った対価を得られる可能性はあまり期待できません。

 

店側に損のないように作られていないと毎年やることは出来ないからです。
福袋はコスパや内容を期待するのではなくて、ドキドキを購入するものだと割り切った方が良いでしよう。

 

高い福袋の方が得なのか?

来年のことを考えると鬼が笑うとは言いますが、そろそろ来年のことも考える時期に来ました。

 

来年と言えばまず正月が来るのは当然ですが、正月と言えば、まず頭に思い浮かぶのは福袋でもあるわけです。

 

そして、福袋と一言で言えども、同じショップでも値段やコースが様々あり、どれが一番得なのか考えてしまいます。

 

勿論、ある程度入っているものが事前にわかっているケースが最近は多いですから、おおまかな計算は購入前から可能になりますが、だからと言ってどのコースの福袋が「お得度」が高いかはショップによるでしょう。

 

そして何より、自分にとって必要なモノが入っているかどうかがまず重要になりますので、それによっても変わってきます。

 

まして、高い商品が人気の商品とも限りません。同じ種類の商品でも、価格帯によってコースが分かれている場合もありますが、その場合にも、高い価格帯の不人気商品が高いコースに入っているということが過去の例にもあり、高いから安心というわけでもないのです。
イーハイフン 福袋 2016
ミスティック 福袋 2016
ジェラピケ 福袋 2016